踵接地困難でExtension thrust patternとなる

Reliable Therapist フォーラム 歩行練習についての悩み 踵接地困難でExtension thrust patternとなる

  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後にmomomomoにより9ヶ月前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #514
    momomomo
    キーマスター

    【現状】
    股関節屈筋・膝伸展筋・足関節背屈筋の随意収縮はMMT2レベルである。
    タマラックAFOを病院で処方されたが、オルトップを使用されていた。
    意識的に行うと踵接地は可能であるが、下腿前傾は乏しく単脚支持期でExtension thrust patternとなる。

    【歩行再建の戦略】
    #随意運動の反復・自動介助
    #起立練習(運動麻痺側下肢を少し引いた状態の難易度)
    #運動麻痺側で荷重を促して段差昇降練習(6cm~)
    #下肢装具の再選定

    #523
    momomomo
    キーマスター

    #下肢装具の再選定
     ゲイトソリューションデザインを使用し、油圧3~3.5でExtension thrust patternが軽減できた。

    #533
    momomomo
    キーマスター

    遊脚時の、足趾のクリアランス低下と膝の二重振り子が破綻していた。

    フランスベット様のL300Go®(以下、L300Go®)は、医療機器承認の「歩行神経筋電気刺激装置」を用いて歩行練習を行なっている。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。
momoをフォローする